兵庫県 神戸市 W様邸 外壁屋根塗装事例

20191021W_r.y_head01.jpg

施工事例データ

住所 兵庫県 神戸市
施工箇所 外壁、屋根、コーキング補修、軒天・玄関天井、破風板、雨戸・戸袋、雨樋、水切り、小庇回り
施工内容

外壁屋根塗装工事

完工日 2019年10月21日
施工前はこちら
20191021W_r.y_before01.jpg
外壁と屋根の施工です。汚れや色褪せ等の劣化症状が見られました。
施工中の様子
20191021W_r.y_middle01.jpg 20191021W_r.y_middle02.jpg 20191021W_r.y_middle03.jpg

足場設置後の様子です。近隣に塗料が飛ばないよう飛散防止ネットで保護し、弊社のイメージシートを掲示いたしました。

外壁の高圧洗浄の様子です。長年蓄積された汚れなどをきれいに落としました。

屋根の高圧洗浄の様子です。長年蓄積された汚れなどをきれいに落としました。

20191021W_r.y_middle04.jpg 20191021W_r.y_middle05.jpg 20191021W_r.y_middle06.jpg

プライマー塗布の様子です。外壁とシーリング材との密着性を高める効果があります。

余分なシーリング材の除去、シーリング面の平滑化のためヘラ押さえを行いました。仕上がりに影響しますので丁寧に作業を行いました。

塗装しない箇所に塗料が飛散にしないよう、隙間が無いように養生を施しました。



20191021W_r.y_middle07.jpg 20191021W_r.y_middle08.jpg 20191021W_r.y_middle10.jpg

外壁の下塗りの様子です。下塗り材「ウォーレスト ベース」で塗装します。下地を再生強化し密着性を高め、長期に渡ってお住まいを保護します。

外壁の上塗りの様子です。上塗り材「ウォーレスト トップ」で塗装します。高い耐候性と低汚染性で長期に渡ってお住まいをきれいに保護します。

屋根の下塗りの様子です。下塗り材「ヒーテクト ベース」は、高い浸透性により傷んだ下地を再生強化し、旧塗装面と新塗装面の密着性を高めます。



20191021W_r.y_middle11.jpg 20191021W_r.y_middle12.jpg 20191021W_r.y_middle09.jpg

屋根の遮熱塗装の様子です。遮熱塗料「ヒーテクト ベース」は、優れた遮熱性により太陽光の赤外線を効率よく反射し、下塗・上塗のダブル遮熱効果で、室温の上昇も抑制します。

屋根の上塗りの様子です。上塗り材「ヒーテクト トップ」は下塗りとのダブル遮熱で室内温度の抑制に効果を発揮します。高い耐候性と低汚染性で長期に渡ってお住まいをきれいに保護します。

縁切り作業の様子です。旧塗料で接着している屋根材同士を剥がす作業です。 この作業により湿気・雨水などの水分が屋根材の隙間に侵入した際もスムーズに抜けるようになります。屋根材が割れないように慎重に作業しました。



20191021W_r.y_middle13.jpg 20191021W_r.y_middle14.jpg 20191021W_r.y_middle15.jpg

軒天塗装の様子です。新塗装面と下地の密着性を高めるため、下塗りを行いました。

雨樋塗装の様子です。ケレン(研磨)により汚れ・付着物の除去をするとともに、塗装面の目荒しをし密着性を高めました。

透けやムラの無いように、ローラー・ハケなどを使って隅々まで塗装いたしました。

20191021W_r.y_middle16.jpg 20191021W_r.y_middle17.jpg 20191021W_r.y_middle18.jpg

雨戸塗装ケレンの様子です。ケレン(研磨)により、サビ・汚れ・付着物の除去をし、下地面の調整を行いました。

雨戸塗装の様子です。透けやムラの無いように、隅々まで塗装いたしました。

破風板塗装の様子です。十分な下地処理を行い、隅々まで塗装いたしました。

20191021W_r.y_middle19.jpg 20191021W_r.y_middle20.jpg

水切り塗装の様子です。十分な下地処理を行い、隅々まで塗装いたしました。

小庇塗装の様子です。十分な下地処理を行い、隅々まで塗装いたしました。

施工が完了しました。
20191021W_r.y_after01.jpg
施工が完了いたしました。傷みを補修し明るく綺麗な仕上がりです。美観だけでなく、長期に渡ってお住いを保護します。